マウンティングの種類と対策法

ドラマでも取り上げられて話題になったマウンティング。様々な言動や行動で他者よりも自分を上位に見せたいという、女性特有の行動として着目されています。その種類には実に多くのものがあるため、その詳細な対処方法も多岐にわたりますが、基本的には人間との関係性や距離を適正に保つということが主軸になります。

ではどのような種類があるのか、実際にどのように行われるのかを見てみましょう。まず、マウンティングされていることに気付きにくいのが、「親友型」と呼ばれるものです。これは相手を喜ばせつつも、決して直截に賞賛せずに自分の地位を確保するものです。例えば、恋人の写真を見せた際に「人が良さそう」「癒し系ね」といった評価の裏には、その男性の容姿を褒めていない心理が潜んでいます。
これに対して「自虐型」は、その名のとおり一見して自分を貶める言動をしつつも、自分の優位性を言外に示すものです。「私なんて化粧が下手で。これってほとんどスッピンよ」と言う女性は、自分の肌の美しさなどを強烈にアピールする反面、化粧しなければ外にも出れないのかと他者を言外で見下しているのです。
また、「情報通型」と言われるタイプは、「あそこのブランド、デザインが変わっちゃって残念。でも素材は良い物を使ってるよね」などと言う言動に見られるように、自分の情報通な側面をひけらかしつつも、自分はもっと良い物をセレクトしてるんだぞといった優位性を匂わせているのです。

こうした言動からマウンティングの気配を素早く察知して、相手との距離感を上手く調整できるように心がけておきましょう。また、知らない間に自分がやってしまっている可能性も否めません。女性たちの人間トラブルに巻き込まれないために、マウンティング女子の特徴を把握しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です